スポンサードリンク

冷え性って何?

冷え性とは、体が冷える性質を言っているのであって、西洋医学的には病気とは考えられていません。
冷え性とは、体の一部が冷える状態の事で、手のひらで触ってみると体温が低いと感じる箇所が冷えなのです。
これらの症状は女性に多く見られる症状ですが、医学的に冷え性を定義しているわけではないので、病院に行っても原因が不明の事が多いのです。
冷え性は本人にとってはとても辛い症状ですが、病気になっている段階とは言い切れないので、放っておかれやすいのです。
また、冷え性は体質だから治すことが出来ないと諦めている人もいるようです。
冷え性の主な症状は、腰痛、肩こり、むくみ、頻尿、便秘、下痢、月経不順、頭痛など多くの症状を引き起こします。
体が冷えているのとは関係が無いと思っている人も多いようですが、体の冷えは東洋医学的に言えば病気になる元とされているのです。
たかが冷え性と思わない事です。
女性の冷えは特に下半身に起こりやすく、女性性器に影響を及ぼします。
手で触ってみるとお腹が冷たいと感じられる女性は意外と多いのです。
冷えにも種類があり、手足が冷たいが頭がのぼせるタイプ、全身が冷えて寒気が出るタイプ、手足のみが冷たいタイプなど色々です。
女性は女性ホルモンの量とも密接な関係があり、更年期障害の頃には手足が冷たいのに頭がほてるという症状に悩まされます。
最近の過度の冷房によって冷えが酷くなっている人も多くなっています。
特に女性に冷え性が多いのは、筋肉の量と関係があるとも言われています。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline