スポンサードリンク

ストレスとうまく付き合う

ストレスとうまく付き合う為には、自分のストレスがどのくらい受けているのかチェックしましょう。
ストレスは自律神経の働きを狂わせ、交換神経が優位の状態を作ってしまいます。
その為冷え性には大敵で、体温の調整や感覚が麻痺してしまうのです。
ストレスを感じているときには、怒りっぽい、イライラする、疲れている、肩こりがある、不安感を感じるなどが主な症状です。
リラックスしているときの状態の反対だと考えてみるとよいでしょう。
ストレスの度合いが分かったら、次はストレスの解消方法を考えて見ましょう。
どのような事にストレスを感じているのか、そのストレスの解消方法は無いのか考えてください。
ストレスを受けたときのその人の対処が大切です。
例えば自分が何かに失敗してしまったときには、自分を責めることを止め、どうして失敗したのか客観的に見つめなおし、自分を直す良い材料になったと考えればよいでしょう。
自分のことをダメな人間だと考えるのはやめ、前向きに考えるようにしましょう。
ストレスを感じてしまう人は、責任感がありまじめな人です。
全てを自分でこなそうと頑張ってみるのもよくありません。
適度に自分に余裕を持たせ、うまく人を使う事も必要なのです。
精神的なストレスは心の問題ですから、考え方を変えたり、自己啓発セミナーなどに参加してみるのもよいでしょう。
その他の外的ストレスは、比較的気をつければ取り除く事が出来るでしょう。
食生活を改善し、睡眠を十分とり、適度な運動を行って刺激を感じましょう。
冷えがある人は運動不足で血行が悪くなっている事も考えられます。
ストレスと冷え性を同時に解決し、精神的にも強くなるために運動をお勧めします。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline