スポンサードリンク

栄養のバランスが大事

冷え性を治すためには、体の熱を作る為にバランスの良い食事がかかせません。
食事は人が生きていく事の基本で、食物を消化する事によって熱を生み出し、エネルギー源として利用しているのです。
顔色が悪い人や冷え症の人は偏った食事を行っている事が良くあります。
冷え性を改善する為には1日30品目を食べ、体を冷やさないような食材を選ぶようにしましょう。
特に冷えるのは夏の野菜や暖かい地方で取れる食べ物です。
ジャガイモやごぼうなどの根菜類は体を温める作用があります。
飲み物では紅茶が良く、ショウガ紅茶にして飲むと温まります。
ショウガは温める食材として優れているので、食事にも取り入れるようにしましょう。
アイスクリームやビールなど冷たいものも、体の中から冷えを進行させてしまいます。
寒い方で取れる野菜や精製していないものを摂るようにして下さい。
砂糖のように白く精製している食べ物は、栄養素が少なくなっているのと同時に、体を冷やしやすい食材となっています。
また、冷えを進行させないためには、必ず3食しっかりと食事を摂ってください。
栄養素は一つのタイプでは吸収されにくいのですが、色々な栄養素と混ざり合い吸収され、必要な栄養素として利用されるのです。
カルシウムだけを摂っても吸収率が悪いのは有名な話です。
バランスの良い食事を心がけていると、自然と必要な栄養素が摂れる様になります。
たんぱく質や糖質は体のエネルギー源となりますが、ビタミンが無ければ効果的にエネルギーに変わらないことが分かっています。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline