スポンサードリンク

体を温めるものを摂る

食品にも体を温める効果と、冷やしてしまう効果があります。
現代人は冬でも冷たいビールやアイスクリームを食べる習慣があり、体の中から冷えが進行してしまっているのです。
夏にとれる食材や、温かい地方でとれる野菜は体を冷やしてしまいます。
出来れば旬のものを食べる食習慣が良いのです。
スーパーに行けば一年中夏野菜が手に入りますから、気をつけなければなりません。
砂糖に使われるサトウキビは沖縄でとれますから、白い砂糖は体を冷やしてしまいます。
砂糖を利用するなら三温糖や蜂蜜などを利用してください。
チョコレートや甘い食べ物は体を冷やしてしまう事になるのです。
果物も暖かい地方でとれる食材や、夏の野菜では体を冷やしてしまいます。
スイカ、メロンなど水分の多い果物は夏の果物で、体を冷やしてしまいますが、リンゴは果物の中でも冷え症に良いと言われています。
体を温める食材は、ショウガや唐辛子、根菜類などが代表的です。
抗生物質などの薬、シップ薬、ステロイド、頭痛薬など薬を長期的に利用していると、体を冷やす事になってしまいます。
出来れば薬の利用は最小限に留め、漢方薬やショウガなどを利用して治療を行ってください。
ショウガは昔から民間療法として利用され、漢方薬にも多く含まれている薬草の一種です。
コーヒーに含まれているカフェインも体を冷やしてしまうので、飲み物は出来ればカフェインの含まれていないタンポポコーヒーを利用しましょう。
生野菜は体を冷やすので、野菜を食べるときには温野菜など火を通すようにしましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline