スポンサードリンク

調理法で工夫

同じ食材を利用しても、調理方法によっては体を温めたり、冷やしたりします。
生野菜は体を冷やすので、ゆでたり炒めたりして火を通してから食べましょう。
夏野菜も火を通して調理方法を工夫すれば問題ありません。
例えばナスなら唐辛子を入れたマーボナスにしてみるとか、焼きナスにしてショウガを添えるなどの工夫で食べられます。
香辛料やハーブの中には体を温める効果が高い食材が多いので、少量でもよいので入れる工夫をして下さい。
特にお勧めなのがショウガです。
漢方薬などにも含まれ、風邪薬にも配合されている事があります。
他には、サフラン、シナモン、ガーリック、オニオンなどもよいでしょう。
夏の間に冷たいものを食べ過ぎたり、冷房にあたりすぎると、冬に冷え症が酷くなってしまいます。
夏の暑い時期でもなるべく温かいものを食べ、冷たいものばかり食べ過ぎないようにしましょう。
旬のものを食べるのが一番良く、栄養素も豊富なので、夏に食べる食材は火を通して食べるようにしましょう。
夏バテの時には、喉越しの良いものや冷たいものばかり食べがちですが、食欲を回復するためにも温かくスタミナが付く食べ物が良いのです。
冷たいものばかりを食べていると、胃腸の働きも悪くなり、更に食欲がなくなってしまいます。
喉越しがよいからと言ってソウメンばかり食べていたのでは、栄養も不足しエネルギーを作り出す事が出来なくなってしまいます。
冷え性の人は出来れば、年間を通して体を冷やさない食べ方が必要だと思います。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline