冷房対策 目次

夏の冷え性 オフィスで冷え性

スポンサードリンク

夏の冷え性

夏は自分でも知らないうちに冷えている事があります。
夏のすごし方によっては、冬の冷え性が進行してしまう事もあるのです。
夏は暑いので薄着をしてしまいますが、冷房の影響で思っているより冷えています。
オフィスでの冷房が問題となり、OLなどは冷え性を訴える人が多いのです。
また、住宅内やお店の中でも常に冷房がきいている状態なので、外気との気温差が激しく自律神経の働きも乱してしまいます。
夏でも冷房のある室内に入るための事を考えて、冷え対策を行っておきましょう。
オフィスやお店の冷房を止めたり、温度を下げるわけにいきませんから、自分で冷房対策を行わなければならないのです。
夏でも肌を露出する服装を止め、腰を冷やさないように肌着や腹巻をしましょう。
特に冷房は下の方に冷気をためるので、サンダル履きを止め、靴下やレッグウォーマーなどを用意しておきましょう。
寒いと感じたら一枚多く着るとか、ひざ掛けを利用するなど対処しましょう。
特にリンパの集まっている部分を温めると効果的で、手首や足首、首元を暖めるようにしましょう。
スカーフ一枚を首に巻くだけでも温かさが違います。
出来れば夏には汗をかき代謝をよくすることも必要です。
冷房をさけられない時には冷房対策を行い、自律神経や代謝をよくするために適度に運動をして汗をかくようにしましょう。
汗をかくのをやめてしまった現代人は、かなりの外気温でも汗をかかないと言われています。
汗をかくことで体温調整を行っているので、汗をかかなければ熱が体内にこもり、熱中症にかかりやすくなるのです。
夏は冷たいものばかり摂らないで、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline