スポンサードリンク

体温調節機能について

人の体は体温を一定に保つ働きがあります。
寒いときには血管を収縮させて熱が逃げないようにします。
熱いときには血管を拡張させて熱を逃がしてやります。
これを機能させているのが自律神経です。
自律神経の働きはストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、喫煙などによって乱れてしまいます。
もっとも多く見られるのが、夏の間の過度の冷房によるものです。
夏の間は室内は極度に寒く、外に出れば30度を超える気温になっています。
その気温差は10度にも達する事があり、自律神経がオーバーワークしてしまう事があります。
自律神経の働きが乱れると、体温調節機能が働かなくなり、酷くなると夏でも寒気がするほどの状態になってしまうのです。
冷え性とは自律神経の働きが乱れている状態とも言えるのです。
夏の暑い時期に汗をかくことが無くなってしまった現代人は、体温調節がうまく出来ず、自律神経の働きを悪くしています。
また、皮膚の感覚を鈍らせるような下着や衣類なども影響します。
サイズが合っていないブラジャーやショーツを身に付けると、血行が悪くなり、皮膚感覚が鈍くなってからだが冷えてしまうのです。
寒いと感じる事が出来なければ、自律神経が働いて血管を収縮する事がありません。
その為、熱はどんどん逃げて行き、極度に体が冷えて初めて寒いと感じてしまうのです。
これを繰り返していくと、皮膚の感覚が麻痺し、体はどんどん冷えていく事になります。
冷え性を改善させるためには、夏でも冬でも体を冷やさないように工夫する事です。
感覚では寒くないと思っていても、実際には体は冷えている場合が多いのです。
ショーツはお腹が隠れるタイプを履き、お腹が出ないような下着を着ましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline