スポンサードリンク

乾布摩擦で鍛える

乾布摩擦は皮膚の表面を鍛えるのに良いと言われています。
また、狂った自律神経を適度に刺激し、冷え性に効果があります。
乾布摩擦は乾いた布を使って摩擦を利用し、マッサージするようなものです。
擦った部分は血流が良くなり、皮膚の表面が赤くなる事が分かるでしょう。
乾布摩擦は血流改善だけでなく、新陳代謝を活発にし、免疫力も高めます。
喘息などの治療にも乾布摩擦が利用されますが、自律神経の乱れを直すことと、免疫力を高めるために利用されるのです。
特にアレルギー疾患では、免疫が過剰に働いている事が多いので、乾布摩擦を利用するのです。
毎日続けていると冷え性だけでなく、風邪などがひきにくい体になっていきます。
乾布摩擦は足先から心臓に向かって行います。
始めの頃にはゴシゴシ擦らないようにしましょう。
肌が弱い人は肌さわりが柔らかな布を利用して行ってください。
初めの内は柔らかい布で弱めに行い、皮膚の表面が強くなったら時間を長くしてみましょう。
冷水で乾布摩擦を行うと、冷たい刺激も合わさって更に効果的です。
冷たい刺激が交換神経を刺激し、自律神経の働きを改善してくれます。
しかし、布が濡れると皮膚に刺激が強い場合もあるので、肌の弱い人は乾いた布の方がよいでしょう。
風邪に強い子供に育てる為、皮膚の表面を鍛える乾布摩擦を利用している家庭もあるでしょう。
幼稚園や保育園などでも積極的に利用されている所もあります。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline