スポンサードリンク

冷え性に効く入浴法

入浴は冷えた体を温める最適な方法です。
日中に冷房などで冷えすぎた体を温め、内臓まで及んでいる冷えを解消します。
シャワーなどで済ましている人は、血行が改善されず慢性的な冷えに悩む事になるのです。
入浴を行うときには、半身浴でぬる目のお湯を利用します。
温度は39度〜40度位です。
出来れば半身浴を30分以上は続けたほうが良いでしょう。
長くお風呂に入るコツは、ぬるめのお湯で上半身を出し、適度にお風呂の換気を行いながら入ると良いでしょう。
お風呂で読書をする習慣を付けると、意外と長くお風呂に入る事ができるようになります。
アロマテラピーを利用したり、照明を暗くしてキャンドルを付けても良いでしょう。
最近では浴室で利用できるDVDプレイヤーなども売られていますから、お風呂で映画鑑賞というのも良いと思います。
最初は30分半身浴を続けていても、汗が出にくいと思いますが、続けていくうちに汗腺が活発化してきて汗がたくさん出るようになります。
暑いのに汗が全く出ない人は、自律神経の働きが悪い証拠です。
汗をたっぷりとかき、体温調節を正常化させましょう。
半身浴は老廃物を汗と一緒に流し、新陳代謝を活発にして、美容効果も得られます。
冷え性の人は血行が悪く、老廃物がたまりがちで、下半身のむくみやセルライトが気になると思います。
セルライトが出来ている箇所は触ってみると冷たいものです。
半身浴を続けていくと、血行が良くなるだけでなく、むくみの改善などにも役立つのです。
冷え性の人の中には、体が冷えていなくても、内臓が冷えている人もいます。
その人は自覚症状が無い事もあるので、冷え性に気が付いていないかも知れません。
冷え性だと感じていない人でも、半身浴を行っていくと、内蔵が温まり健康を取り戻す事もあります。
特に女性は子宮などが冷えやすく、月経不順や生理痛などで悩んでいる人は、半身浴で良く温まるようにしてください。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline