スポンサードリンク

生活のリズムをつくる

自律神経はストレスや生活習慣の乱れによって狂ってきますから、生活のリズムを整えることで冷え性を改善する事が出来ます。
自律神経は副交感神経と交換神経のバランスが整っていて初めてうまく機能していると言えます。
例えば、夜中まで起きていると、通常は副交感神経が働くところを交換神経が優位に立ってしまいます。
いつまでも興奮状態が続き、不眠症に悩まされる事もあります。
眠れないからと言って薬に頼ったり、お酒を飲んでしまうと、更に交換神経が優位になってしまう可能性があります。
リラックスを心がけ、早めに寝る習慣をつけるようにしましょう。
睡眠障害は日常のストレスが原因になる事もあるので、ストレスを解消する術を身に付けておいてください。
朝は朝日が出るとともに交換神経が働きますので、朝食を必ず摂り副交感神経から交換神経へとスイッチを入れ替えてください。
目覚めが悪いときには、朝日を浴びる事が出来る東側に寝室を変えてみましょう。
また、朝の熱いシャワーや入浴も交換神経を働かせます。
日中は活動的に働き、夜はリラックスする事を心がけます。
自律神経の働きを正常化させるためにも、適度に運動を行うのも大切です。
現代人はストレスとうまく付き合い、体が必要としているリズムを正す事が重要です。
夏の暑いときには汗をかいて体温を調節し、冬は血管を収集させて熱が逃げないように調節しているのも自律神経です。
自律神経の働きを正常化させるためには、本来の体を作る事が大切です。
夏に冷房にあたりすぎずに、暑い時には汗をかく習慣をつけましょう。
運動は汗をかき、血液の循環を良くして、ストレス解消にも役立ちます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline