スポンサードリンク

呼吸法で制御

ストレスを多く受けていると交換神経が優位に働き、自律神経の交換がうまくいかなくなります。
その為にはストレスを解消する事が大切です。
呼吸を整えるとリラックスする事ができ、交換神経から副交感神経へのスイッチをスムーズにします。
出産のときの呼吸法やヨガの呼吸法も同じような理由です。
交換神経が働くのは、怒っている時、緊張しているとき、集中しているとき、悲しみが起こったときなどです。
精神を落ち着かせリラックスする為に呼吸法をマスターしましょう。
日中は交換神経が働いていても問題ありませんが、仕事が終わってリラックスする夜には副交感神経を働かせるようにしましょう。
入浴中や寝る前に呼吸法を行うと効果的です。
睡眠障害の改善にも役立ちます。
また、緊張してはならない時に、呼吸法を覚えておくとリラックスする事が出来るでしょう。
呼吸法はヨガ、太極拳、気功などで習得する事が出来ます。
自律神経は自分で調節する事が出来ませんが、呼吸法を行う事で自分でコントロールする事が出来るようになります。
呼吸の基本は腹式呼吸です。
時に息を吐くときに集中します。
息を吐くときには副交感神経が働きますので、ゆっくりと長く吐くようにしましょう。
呼吸法を行うときには、室内を暗くしたり、アロマテラピーで香りにより鎮静効果を得ましょう。
ストレスが溜まっているときには、時には外に出て緑を感じる事も必要です。
日常生活に取り込みやすい散歩も、新鮮な空気を取り込み、体を動かす事でリラックス効果が期待できます。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline